天体望遠鏡・双眼鏡・フィールドスコープ・顕微鏡・ルーペ・コンパス販売のトミタ

 

スターライトエクスプレス正規代理店

Trius SX-46

 

StarlightXpress

 

Trius-SX46(モノクロ)CCDカメラ

 

 

598,000円(税込645,840円)

 

 

カートに入れる

 

お取り寄せとなります。納期はお問い合わせください。

 人気のKAF16200搭載のAPS-HサイズモノクロCCDカメラ

 

 

特長

 

  • 3段ペルチェ冷却装置により外気温度より約-50℃の冷却を行います。
  • ガラスより約25倍も高い熱伝導率を持つサファイヤガラスを採用。カメラ本体からウインドウの表面全体に無駄な熱を伝導することで、ウインドウヒーターを採用せずとも最大冷却時に結露することがほとんどありません。
  • 前の画像の残留イメージ(RBI)を除去するIRプリフラッシュ用LEDを搭載。露出前に常にCCD状態をリフレッシュします。
  • データ転送速度はフルサイズ画像で約6.5秒です。
  • 詳しくは下記仕様をご覧ください。

主な仕様

 

Trius SX-46

高級感と放熱性に優れるアルミニウムボディ。

冷却性能は3段ペルチェ式で外気温-50度。

Trius SX-46

<リアインターフェース>

miniUSBハブポートを3ポート搭載。ガイドカメラ等に

ご利用いただけます。空冷ファンも2機搭載。

Trius SX-46

Trius SX-46

ユニークなローラーブラインドシャッターを採用。メッシュ素材のシャッターを左右に巻き取りながら動作します。

メーカー仕様では0.1秒露出に対応していると記載あり。(画像はSX-56/右図:内部構造)

 

Trius SX-46

アルミケースが標準付属します。

Trius SX-46

バックフォーカス等の寸法図(クリックで拡大)

Trius SX-46

 

アルゴンガス充填

 

高級機に採用されるCCD室へのアルゴンガス充填をTriusシリーズでは標準装備。

冷却プロセスでの結露を限りなく抑える効果をもたらします。

Trius SX-46

 

サファイヤガラス採用

 

高熱伝導率を持つサファイヤガラスを採用することでウインドウヒーターの必要性をなくしました。カメラからの熱がウインドウに伝わることで結露防止につながります。

Trius SX-46

 

スケアリング調整機構

 

CCDカメラのフロントにはフラットな撮像をするために必要なスケアリング調整機構が標準装備されています。2対の押し引きネジにて調整が可能です。

Trius SX-46

 
CCD形式 KAF-16200
画素数 1650万画素
解像度 4540×3640
ピクセルサイズ 6.0×6.0ミクロン
チップサイズ 27×21.6mm (APS-Hフォーマット)
フルウェルキャパシティ 41,000電子
読み出しノイズ 9e-RMS 平均9e
ピークQE 530nM:約58%
カメラゲイン 平均0.6e/ADU
冷却温度 -50℃
シャッタースピード 最低露出時間0.1秒
対応ビニング 2x2、3x3、4x4
インターフェース miniUSBハブポートx3、オートガイドポートx1
読み出し時間

約6.5秒/1x1ビニング

電源供給 DC12V
望遠鏡との接続 72mmP1ネジ
バックフォーカス 16mm
サイズ 136x136x63mm
重さ 1700g
対応OS WindowsXP/7/8/10
4GBメモリ以上を搭載しているパソコン推奨
付属品

USB2.0ケーブル

USBハブ用ケーブル(miniUSB-TypeBx2本、miniUSB-miniUSBx2本)

オートガイドケーブル(RJ11)

72mmタカハシ用アダプター
100V電源アダプター

ドライバCD