HOME > CRUX200HDA

CRUX200HD

本体重量13kgの中型フォトメトリックマウント

商品概要

CRUX200HDはウエイトを除く本体重量が約13kgとEM200より3kg以上軽い赤道儀です。その搭載可能重量はバランスウエイトなしで約16kg、オプションで5kgほどの小さなウエイトをつければ約35kgもの鏡筒を搭載することが可能で、ビクセン製AXD赤道儀やタカハシ製NJP赤道儀を越える搭載可能重量であるにも関わらず、圧倒的に軽量なので、あきらめかけていた大口径望遠鏡での移動観望・撮影を可能とする赤道儀となります。
また、付属の専用コントローラーTitan TCSは直感的な操作性と、優れたモーター制御を兼ね備えるだけでなく、他に類を見ないほど多機能でもあります。この完成度には必ずご満足いただけると思います。

子午線越え追尾も可能にするデザイン

Hobym Observatory
CRUX200HDA赤道儀マウント
販売価格1,000,000円(税込1,080,000円)
  納期はお問い合わせください

Titan TCS専用コントローラー

  • 専用開発されたコントローラー『Titan TCS(タイタン)』はとても多機能なコントローラーです。まず特別なPEC機能でハーモニックドライブの周期誤差を完全に打ち消す制御を行います。これによりCRUX赤道儀マウントがハーモニックドライブが持つメリットだけを最大限に発揮した、バックラッシュゼロ、高ガイドレスポンス、高精度追尾、高速導入を実現する、今まで欲しかった全てのハイスペックを凝縮した赤道儀に仕上がりました。

  • Titan TCSのインターフェイスです。左からDC12V入力、Guide LED、Guideポート、RS232x2ポート、USBx2(Type-Ax1,minix1)となっています。将来的にUSBハブとしての利用、モーターフォーカサーなどの外部機器の接続も可能です。

  • Titan TCSはBluetooth通信機能を内蔵しています。パソコンとは無線通信でステラナビゲーターのような星図ソフトとリンクします。またASCOMを経由してワイヤレスガイドも可能です。

  • コントローラー内部に約14,000個の天体情報を内蔵しています。(恒星データ、メシエカタログ、NGCカタログ、ICカタログ、Coldwellカタログ、Sharplessカタログ)したがってパソコンと連結せず、スタンドアローンで自動導入機能も利用できます。


>>詳しくはコチラ

主な仕様
 メインスペック
マウントタイプ ドイツ式赤道儀
方位角調整可能範囲 ±10°
高度角調整可能範囲 13~60°
重量(ウエイト除く) 13kg
オプションウエイト 3kg
搭載可能重量(ウエイトなし) 16kg
最大搭載可能重量(5kgウエイト装着時) 35kg
使用電源 DC12V
鏡筒取付ネジ M10ネジx4箇所(PCB 100mm)
 メカニカルスペック  
赤経ギア CSF-20-120-2LW
赤緯ギア CSF-17-120-2LW
バックラッシュ ゼロ
P-motion ±20秒(Peak to Peak)
高速駆動 1000倍速
オプション NOSピラー脚
5kgカウンターウエイト
 Titan TSCコントローラースペック  
寸法 83x87x36mm
赤経ステッピングモーター 30:1 200step 1.8degree/1066pps
赤緯ステッピングモーター 400step 0.9degree/60pps
最大駆動速度 1000倍速
入力電源 DC12V->30V
望遠鏡制御 Meade LX200
PEC機能 P-motion ±2秒以下
天体データベース NGC,IC,メシエ,惑星など12,000個以上
消費電力 恒星時追尾時:12V / 0.3~0.5A
最大速度駆動時:12V / 1.5~2A
無線機能 Bluetooth
インターフェイス RS232,USB,Guideポート

使用例
実際に運用している例です

関連動画
25cmカセグレン鏡(17kg)をウエイトレスで搭載

Titan TCSコントローラーのPEC機能を使ったガイドグラフ

25cmRC鏡+8cm屈折鏡筒を搭載したウエイトレス動作テスト