HOME > CRUX Mini

Crux MINI

最軽量!本体重量2.5kgのポータブルフォトメトリックマウント

商品概要

Crux Miniは本体重量が約2.5kgと極めて移動性に優れたマウントです。バランスウエイトなしで約3.5kg(不動点上10cm)を搭載可能とし、ウエイト側にも自由雲台などを併用しカメラ+レンズなどの撮影システムを追加すればトータル重量8kg程度を搭載して運用することができます。日食などの海外遠征時にはスチール撮影とビデオ撮影などを同時に行うなど、移動観測撮影を強力にサポートします。
他機種と同様に専用コントローラーTitan TCSも標準付属。Crux MINI専用のファームウェアプログラムを搭載しており、トラッキングスピードを変更できる機能でタイムラプス撮影も可能です。マウントスタイルも変更可能なので1台で赤道儀と経緯台の二つのスタイルで利用できます。
小さいながらもパワフルで、多様な利用が可能なCrux MINIは天体撮影だけではなく、バーダーや風景写真家のニーズに応える実力を持つ次世代ポータブルフォトメトリックマウントです。

無駄のない洗練されたデザイン

Hobym Observatory
CRUX MINIマウント
販売価格470,000円(税込507,600円)
 
 
■オプション品
レーザーポインターホルダー  8,640円
専用二段式カーボン三脚(重量1.9kg)  64,800円(税込)



  

外観

  • Crux MINIには極軸望遠鏡はありません。極軸先端にPoleMaster用のアダプタが標準装備されています。極軸合わせはQHYCCD社 PoleMasterをご利用ください。また簡易極軸調整のためのレーザーポインターホルダーをオプションにて用意しております

  • ユニークな極軸調整方式。ネジは高度・方位ともにマウント背面に突き出ます。握りやすいメタルハンドルで、六角レンチで締めこむことも可能。

  • 赤緯軸の反対側には3/8インチネジが出ております。ウエイトシャフトや自由雲台を取り付けることが可能です。写真では両側にレンズ+カメラを装着しています。(駆動するのは片側のみです。)両側に同等の重量を搭載することで合計約8kgを搭載可能にします。

  • 専用のカーボン三脚との組み合わせでも総重量4.5kg弱です。海外遠征でもっとも重視したいトータル重量の軽量化に大きく貢献します。マウントが軽いので、その分の余裕を撮影機材に当てることができます。気軽に持ち運べて、かつ信頼性が高いシステムです。カーボン三脚は重さ1900g、地上高485-830mm、収納長530mmと軽量コンパクトなカーボン三脚で海外遠征にも最適です。
  •  
  • ■二段式φ40mmカーボン三脚 60,000円(税込64,800円)
  •  

専用コントローラーTitan TCS


  • 専用開発されたコントローラー『Titan TCS(タイタン)』はとても多機能なコントローラーです。まず特別なPEC機能でハーモニックドライブの周期誤差を完全に打ち消す制御を行います。これによりCRUX赤道儀マウントがハーモニックドライブが持つメリットだけを最大限に発揮した、バックラッシュゼロ、高ガイドレスポンス、高精度追尾、高速導入を実現する、今まで欲しかった全てのハイスペックを凝縮した赤道儀に仕上がりました。

  • Titan TCSのインターフェイスです。左からDC12V入力、Guide LED、Guideポート、RS232x2ポート、USBx2(Type-Ax1,minix1)となっています。将来的にUSBハブとしての利用、モーターフォーカサーなどの外部機器の接続も可能です。

  • Titan TCSはBluetooth通信機能を内蔵しています。パソコンとは無線通信でステラナビゲーターのような星図ソフトとリンクします。またASCOMを経由してワイヤレスガイドも可能です。

  • コントローラー内部に約14,000個の天体情報を内蔵しています。(恒星データ、メシエカタログ、NGCカタログ、ICカタログ、Coldwellカタログ、Sharplessカタログ)したがってパソコンと連結せず、スタンドアローンで自動導入機能も利用できます。

  • 通信プロトコルはLX200コマンドを利用しています。したがってLX200用のASCOMドライバ等がご利用いただけます。マウント用のASCOMドライバは" Advanced LX-200 Driver (Generic, not for Meade scopes) "を推奨しています。
    https://pixelstelescopes.wordpress.com/advanced-lx200/



>>詳しくはコチラ

主な仕様

 メインスペック
マウントタイプ ドイツ式赤道儀
方位角調整可能範囲 ±10°
高度角調整可能範囲 0~90°
重量(ウエイト除く) 2.5kg
オプションウエイト 2.7kg
搭載可能重量(ウエイトなし) 約3.5kg
(不動点上10cm)
最大搭載可能重量(2.7kgウエイト装着時) 8.0kg
使用電源 DC12V
鏡筒取付ネジ M8ネジ(35mmピッチ、十字に配置)
極軸調整方法 PoleMaster推奨
本体にM34ネジがありタカハシ用
アダプターが取り付け可能。
オプションのレーザーポインター
ホルダーで簡易調整も可能。
付属品 ハードケース
  メカニカルスペック
赤経ギア PKP262FD15AW-H100
赤緯ギア PKP242D23A2-H100
バックラッシュ ゼロ
P-motion
PEC補正後
±20秒(Peak to Peak)
±5秒
高速駆動 2000倍速
  Titan TCSコントローラースペック
寸法 83x87x36mm
赤経ステッピングモーター 200step 1.8 30pps
赤緯ステッピングモーター 200step 1.8 30pps
最大駆動速度 2000倍速
入力電源 DC12V->30V
望遠鏡制御 Meade LX200
PEC機能 P-motion ±2秒以下
天体データベース NGC,IC,メシエ,惑星など12,000個以上
消費電力 恒星時追尾時:12V / 0.3~0.5A
最大速度駆動時:12V / 1.5~2A
無線機能 Bluetooth
インターフェイス RS232,USB,Guideポート

使用例
実際に運用している例です

FDK150+CRUX MINI with QHY247C/ST-i
 

Nikon 200mm f/2+D800=4.1kg、TAMRON 300mm f/2.8+D5000=3.2kg