HOME > CONTROLLER

CRUX専用コントローラー「Titan TCS」

  • 専用開発されたコントローラー『Titan TCS(タイタン)』はとても多機能なコントローラーです。まず特別なPEC機能でハーモニックドライブの周期誤差を完全に打ち消す制御を行います。これによりCRUX赤道儀マウントがハーモニックドライブが持つメリットだけを最大限に発揮した、バックラッシュゼロ、高ガイドレスポンス、高精度追尾、高速導入を実現する、今まで欲しかった全てのハイスペックを凝縮した赤道儀に仕上がりました。

インターフェース

  • コントローラー上部はDEC&RAケーブル用コネクタ、電源スイッチ、無段階にモータースピードを調整できるボリュームが配置されています。

  • 底部には12VDC電源入力、ガイドポート及びガイド信号を確認できるLED、RS232Cポート(2ポート)、USB-TypeA、USB-microBが配置されています。RS232CやUSBポートはパソコンとの通信やモーターフォーカサーなど外部機器と接続する場合に便利です。

Bluetooth通信機能

  • 「Titan TCS」はBluetooth通信機能を内蔵しています。パソコンとは無線通信でステラナビゲーターのような星図ソフトとリンクします。(Bluetooth機能搭載のパソコンに限る)またASCOMを経由してワイヤレスガイドも可能です。無線通信用の部品は技的マークを取得した部品を使用しています。

スタンドアローンでの自動導入が可能!

    • コントローラー内部に約14,000個の天体情報を内蔵しています。(恒星データ、メシエカタログ、NGCカタログ、ICカタログ、Coldwellカタログ、Sharplessカタログ)したがってパソコンと連結せず、スタンドアローンでの自動導入機能も利用できます。

ハーモニックドライブ専用PEC機能

  • TitanTCSはハーモニックドライブ専用に開発されたPEC機能を搭載しています。これによりハーモニックドライブの唯一の弱点である周期誤差を完璧にキャンセルします。具体的にはハーモニックドライブ1周分の誤差を学習し、学習した誤差データを元に先行して修正しながら駆動させますので、ノータッチガイドでも驚くほど高精度な追尾を実現します。

パーク機能

  • 連日撮影や据付型に便利なパーク機能も標準装備。電源再投入後もアライメント情報を引き継いだまま継続して利用できます。しかし、通常のパーク機能は電源OFF時にステッピングモーターの電気的な絶対位置に引き戻され、その中間にあるマイクロステップ位置は記憶できませんが、TitanTCSのパーク機能は終了時にマイクロステップ位置をも記録・記憶します。したがって再起動時にも高精度な状態でアライメントを引き継ぐことができます。これは今までにない画期的なパーク制御です!